GoToイベントはオンライン開催も対象?加盟イベント確認方法とチケット購入時の注意点も

3 min
経済産業省が2020年10月26日に発表したGotoイベントの内容に関して、文化芸術やスポーツに関連して「見せ・聴かせ・参加させる」ものなどと定め、無観客で行うオンライン配信のイベントも含むと明記しました。

この記事ではGotoイベントのオンライン開催の対象の有無、加盟イベントの確認方法やチケットの購入時についての注意点について解説していきます。

結論としては、GoToイベントはオンライン開催の対象でした。加盟イベントはまだ確定していませんでしたが、Gotoイベントの公式ホームページで確認ができるようになるとのことです。

またチケット購入時の注意点で知っておくべき、5点の大事なポイントについても解説していきます。

GoToEvent(イベント)はオンラインでの開催も対象になる!

Gotoイベントはオンライン形式での開催も対象となることが確定しました。原則リアルタイムでの配信で、国内の演劇、音楽コンサート、スポーツ観戦、遊園地で撮影されているものに限るということですが、オンラインライブなどのコンサートも増えてきている今、オンラインでも値引き対象になるのは非常に嬉しいですね。

Gotoイベントでは1枚2000円を上限にチケット価格の2割相当額を、チケット代金の2割引か会場などで使えるクーポンとして、登録チケット販売事業者を通じて利用者に給付する仕組みで期間としては2021年1月31日までということだけは確定しています。

オンライン対象となるGotoイベント団体はどこ?

Gotoイベント全体に関しては採択事業者である株式会社博報堂が運営していますが、オンライン対象となるGotoイベント団体は現在募集中となっていました。

決まり次第、公式ホームページに掲載を検討しているとのことです。

楽天イーグルスのファン感謝祭など、まだ多くはないもののSNSでは既にオンライン対象のイベントのお知らせも挙がってきています。

GoToイベントをオンライン開催する団体を確認する方法

Gotoイベントのオンライン開催する団体は公式ホームページで確認していく予定となっています。

公式ホームページ:https://gotoevent.go.jp

チケット販売事業者は幅広く想定しており、大きく分けると3つあります。

①イベント主催者等から委託されたチケットを販売する事業者(チケットぴあパスマーケットなど)

②イベント主催者等にチケット販売システムを提供する事業者(ぴあGettiiなど)

③消費者へ直接チケットを販売するイベント主催者(イベントの公式ホームページなど)

を想定しています。

GoToイベントでチケットを購入する際の注意点

イベント等の開催が延期、中止、および内容等の変更があった場合

登録イベントの開催が中止、延期及び内容等の変更があった場合には、速やかに事務局に報告を行う必要があります。

また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに伴う自粛要請が発現された際の対応については、チケット販売事業者等向け公募要領に定められている「有事において想定される対応フロー」を確認し、対応します。

イベント参加代金は税を含む給付金が算出される

最大20%負担にあたり、チケット料金は税込価格に対して給付金が算出され、1円未満の端数は切り捨てとなります。

Go To イベント期間は延長する可能性がある

現在は1月31日までの予定となっていますが、給付の対象となるイベントの限定や、キャンペーン期間の変更等を行う可能性があります。Gotoトラベルも延長されたので可能性はありますね。延長してくれるのは消費者の私達からすれば嬉しい限りですよね!

日本国内に登録がある事業者が、日本国外でイベントを行う場合

日本国内で開催される必要があるため給付対象外となります。ただし、海外のアーティストが国内でイベントを開催する場合、日本国内に業務上の拠点を有する事業者が主催するイベントであれば対象となります。

ファンクラブなどの参加者が限定されるイベントのチケットは給付対象外

ファンクラブ優先販売のチケット自体は給付対象となり得ますが、その後に一般販売がされる場合に限ります。

まとめ

gotoイベントのオンライン開催の対象の有無、加盟イベントの確認方法やチケットの購入時についての注意点について解説してきましたが、まとめると、

Gotoイベントはオンライン形式での開催も対象となり、加盟イベントは現在ホームページで確認できませんでしたが、事業者の募集を2020年の10月26日に開始しているため、随時オンライン公演をする団体も公式ホームページ→https://gotoevent.go.jpで明らかにされていくでしょう。

国内で開催されるものに限るので注意すべき点はいくつかあります。
  • チケット料金は税込価格に対して給付金が算出される
  • Go To イベント期間は延長する可能性がある
  • 日本国内に登録がある事業者が、日本国外でイベントを行う場合は給付対象にはならない
  • ファンクラブなどの参加者が限定されるイベントのチケットは給付対象外
オンラインコンサートなどは楽しみにしている方も多いので、早く利用できるようになると嬉しいですね!
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です